平成20年度会津若松経営品質賞受賞企業発表

会津若松経営品質賞委員会(会長:岡本正耿)は、平成20年10月から約3ヶ月に渡り申請企業全ての審査を実施しました。その結果、2月12日開催した会津若松経営品質賞委員会にて平成20年度会津若松経営品質賞受賞企業を決定いたしましたので下記のとおり発表いたします。

奨励賞

有限会社白水堂
WEBサイト:http://blog.livedoor.jp/mph/
代表者:代表取締役社長 小林 明人
所在地:会津若松市米代2丁目2-5
[spoiler title=”受賞理由を見る”]

受賞理由

同組織は、会津若松経営品質賞アセスメント基準に照らして、次の領域で経営品質向上に対する真摯な取り組みが見られ、その取り組みの姿勢は、今後地域の伝統的技術を活かした独自能力の構築を模索している組織や、一見ビジネスとしての事業対象が利益追求の考え方と相容れないように感じられる組織における経営改革・改善の模範となるものと思われます。

審査を通して認められた主な強みは次の通りです

(1)地域における白水堂ブランド、ステイタス
昭和22年の創業以来一貫して「地域の音楽文化の普及活動を行ないながら、音楽(楽器)の付加価値を提供し、その人々と成果の喜びを分かち合うこと」を基本的な価値観に61年にわたって受け継いできた歴史から醸成された「白水堂」のブランドが、地域随一の充実した店舗・教室施設や設備、30名を超える講師陣、長い歴史の中で培ってきた顧客資産によって、今後の事業展開に確かな形で継承されている。
加えて独自能力を活かした「福島県ジュニアピアノコンクール」などの地域社会への貢献活動を通じてステイタスを高め、社会貢献と事業活動が相互に好影響しながら大きな循環となって、確固たる信頼感が、講師・社員はもとより顧客・地域に醸成されている。

(2)積極的に新しいものに取り組んでいこうとする革新性と、それを支援する活動との連携
経営トップ自らが率先して、音楽教室の稼働率を高めること、あるいは生徒の確保・拡大を図る目的で、音楽教室のプログラム編成に携わるとともに、新たな需要を獲得するため音楽教室業界のさきがけとなって「ヤマハ音もだちクラブ」などの導入を進め
新たな価値の提供に積極的に取組んでいる。
また、教室運営に当たっての課題の両輪となっている講師と生徒の確保を同時に果たすために、1日体験レッスンの参加者数や入会者数などの目標・自己評価基準を設定して、音楽教室の生徒募集の企画・実施やレッスン会場の開拓を運営し、こうした音楽教室における新たな価値提供への支援が行なわれている。

(3)白水堂の価値観を基礎に、積極的に他から学んで積極的に取り入れる組織風土
「白水堂スタンダードの基本的な考え方」と「白水堂スタンダードチェックリスト」に基づいて「行動計画書」に個人の成長目標とその結果を記録することで、白水堂の持つ価値観に基づく自由闊達な活動を社員1人ひとりに促している。こうした取組みは社員のみならず、音楽教室においての価値提供の担い手となる講師にも展開され、音楽教室の生徒を含めた白水堂の独自の「学風」を形成し、そうした中から次代の指導者を育成するプロセスともなっている。
店舗運営においても、地域内の同業他社のみならず広く範を求め、日本経営品質賞受賞組織のベストプラクティスを社員全員で学んで、例えば顧客応対基準の話し合いやPOPの作成などにおいて、自社に活かす姿勢が現れている。
[/spoiler]