お知らせ

2019年度 会津若松経営品質賞 受賞企業発表

 

 

 

 

 

 

 

会津若松経営品質協議会(会長:星幹夫)は、同協議会に設置する会津若松経営品質賞委員会(会長:岡本正耿)において、

令和元年10月から約3ヵ月に渡り、「2019年度 会津若松経営品質賞」への申請企業に対する審査を実施しました。

 

その結果、本日(2月4日)開催した同委員会にて、「2019年度 会津若松経営品質賞」受賞企業を決定しましたので、下記のとおり発表いたします。

なお、表彰式は、7月に開催を予定している受賞企業報告会とあわせて行う予定です。

 

<大 賞>

株式会社太郎庵

代表者: 代表取締役社長 目黒 徳幸

所在地: 河沼郡会津坂下町字福原前4108-1

『経営改善・革新の基礎』セミナー 第5回

 

 

 

 

 

 

 

「経営改善・革新が重要!」とはいうものの、そもそも「経営改善・革新をどう進めるのか、何から始めればいいのか」そうしたことがわかっている経営者・幹部はごくわずかで、迷走、徒労、混乱に終わっているケースが少なくありません。

こうしたことは、「経営改善・革新とはどういうことなのか」、また、「自社・事業部では、今、どのような状態にあり、何が必要で、どう進めていくことが効果的なのか」こうした経営改善・革新へのアプローチが理解されてないことに最大の原因があります。

そこで、実際の経営改善・改新のケースにも触れながら、これらのポイントを知り、経営改善・革新のためのフレームワークに沿って経営改善・革新に取り組んでいけることを目的として

『経営改善・革新の基礎』セミナー第5回を開催いたしました。(全6回)

『経営改善・革新の基礎』セミナー 第4回

 

 

 

 

 

 

 

「経営改善・革新が重要!」とはいうものの、そもそも「経営改善・革新をどう進めるのか、何から始めればいいのか」そうしたことがわかっている経営者・幹部はごくわずかで、迷走、徒労、混乱に終わっているケースが少なくありません。

こうしたことは、「経営改善・革新とはどういうことなのか」、また、「自社・事業部では、今、どのような状態にあり、何が必要で、どう進めていくことが効果的なのか」こうした経営改善・革新へのアプローチが理解されてないことに最大の原因があります。

そこで、実際の経営改善・改新のケースにも触れながら、これらのポイントを知り、経営改善・革新のためのフレームワークに沿って経営改善・革新に取り組んでいけることを目的として

『経営改善・革新の基礎』セミナー第4回を開催いたしました。(全6回)

『経営改善・革新の基礎』セミナー 第3回

 

 

 

 

 

 

 

「経営改善・革新が重要!」とはいうものの、そもそも「経営改善・革新をどう進めるのか、何から始めればいいのか」そうしたことがわかっている経営者・幹部はごくわずかで、迷走、徒労、混乱に終わっているケースが少なくありません。

こうしたことは、「経営改善・革新とはどういうことなのか」、また、「自社・事業部では、今、どのような状態にあり、何が必要で、どう進めていくことが効果的なのか」こうした経営改善・革新へのアプローチが理解されてないことに最大の原因があります。

そこで、実際の経営改善・改新のケースにも触れながら、これらのポイントを知り、経営改善・革新のためのフレームワークに沿って経営改善・革新に取り組んでいけることを目的として

『経営改善・革新の基礎』セミナー第3回を開催いたしました。(全6回)

経営の思考法:習得セミナー を開催しました

経営を革新するには、調査と企画の組織能力を高めなければなりません。

セルフ・アセスメントはまさに調査~企画のプロセスであり、そうした組織能力が乏しければ実践することができません。

そこで経営幹部や管理職の方々にとっても、アセッサーや経営品質賞審査員にとっても、必要不可欠な思考法を習得するセミナーを開催いたしました。

講 師:株式会社マーケティングプロモーションセンター

(MPC)代表取締役 岡本 正耿 氏