「経営品質フォーラムinあいづ 2016」の開催

講演会・報告会

経営品質フォーラムinあいづ 2016・・・・・平成28年7月21日(木)
経営品質についての解説や会津若松経営品質賞の受賞企業による経営改善への取り組みと成果についての報告、さらに記念講演を行います。業種・業態は違っても、お客様の要望にいかに答え、企業として成長・発展していけるかについては、数多くの共通項があるものであり、革新のヒントが見つかるはずです。終了後には交流会を開催し、参加者間の交流を図ります。

       

  • 経営品質についての解説
    ㈱マーケティングプロモーション 代表取締役 岡本 正耿 氏
  • 2013年度会津若松経営品質賞大賞 受賞組織報告
    ㈱保志 代表取締役社長 保志康徳 氏
  • 記念講演
    ㈱ブロックス 代表取締役 西川敬一氏 氏

2015年度の事業のご案内

H27事業のご案内

今年度の研修事業は 1 「経営品質」入門講座 2  事例から学ぶ「経営品質基礎講座」 3  経営者のための経営革新塾 の3講座です。 多数の皆さまのご参加お待ちしております。 なお、「経営品質」入門講座は、経営品質が自社でどう活かせるかを知る「お試し版」になっています。 これから経営品質の活動の取組みを検討している方最適です。ぜひご参加ください。 また、会員の方々も、まだ会員にはなっていないけれども経営品質に興味がある方をお誘いいただければと思います。

経営品質普及講演会を開催します!

講演会

経営品質普及講演会
・・・・・平成27年2月13日開催

「サービスを考える」をテーマに講演会を行います。
「サービス」という言葉が身近になり、様々な場面で、その質を話題にすることが多くなりました。サービスの良しあしは、何によって決まるのでしょうか。本講演では、「お客様」の立場からサービスについて考えます。講演会終了後には交流会を開催し、参加者間の交流を図ります。

経営品質フォーラムinあいづ 2014を開催しました

講演会・報告会

経営品質フォーラムinあいづ 2014・・・・・平成26年6月23日(月)
会津若松経営品質協議会におきまして、経営品質フォーラムinあいづ 2014を開催しました。終了後には交流会を開催し、当協議会会員同士並びに会員と非会員との交流促進を図りました。ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

表彰式

       

  • 記念講演会
    ㈱ワン・ダイニング 代表取締役社長 髙橋淳 氏
  • 2013年度会津若松経営品質賞表彰式
  • 受賞報告講演会
    ㈱保志 代表取締役社長 保志康徳 氏
  • 2011年度会津若松経営品質賞受賞報告講演会
    会津三菱自動車販売㈱ 代表取締役常務 宮森正芳 氏
  • パネルディスカッション
    コーディネーター:㈱マーケティングプロモーション 代表取締役 岡本 正耿 氏
      パネラー    :㈱保志 保志 康徳 氏・会津三菱自動車販売㈱ 宮森 正芳 氏

画像 182

2014年度会津若松経営品質賞の申請企業を募集します!

目的

市内中小企業の経営品質に対する普及・促進を図り、顧客視点に基づき企業経営全体の質を高めることによって、競争力の強化及び市経済の活性化を図ることを目的とします。

組織構成

会津若松経営品質賞委員会
会津若松経営品質賞委員会は本賞全体における最高意思決定機関であり、日本経営品質賞の表彰制度に携わる有識者および会津地域を代表する各回のリーダー5名による構成で、表彰組織の決定、発表、審査基準の妥当性、審査プロセスなど、申請に関するあらゆる面を審議、検討、決定します。

審査チーム
審査チームは、申請組織より提出された申請書を審査し、フィードバックレポートを作成し、審査結果を賞委員会に報告します。

会津若松経営品質賞委員会事務局
会津若松経営品質賞委員会事務局は、会津若松市が担い、会津若松経営品質賞に関わる全ての事務を行います。

申請について

申請資格
以下の1~3全てを満たす組織を審査の対象とします。

  1. 会津若松市内に所在する組織であること(病院、学校、社会福祉団体、NPO法人、行政、その他の公共団体などを含む)。また、会津若松市に事業所がある場合には、会津若松市外(会津地域に限定)の組織
  2. 中小企業基本法の定義を参考にした企業・組織あるいは企業内組織(子会社含む)
  3. 資格確認書の提出期限日時点で設立後1年以上経過している組織

提出書類と費用
本賞を申請するにあたり、以下の書類提出と費用の準備をお願いします。

  1. 「資格確認書」 応募資格を確認します。
  2. 「申請書」 申請組織の事業活動を説明する「申請書」の提出(30ページ以上60ページ以内)
  3. 「申請費用」 申請費用として30万円(消費税含む)を申し受けます。ただし、下記の場合は申請費用を20万円とします。
    (a) 市内組織の初回申請
    (b) 病院、学校、社会福祉団体、行政、NPO法人、その他公共団体などからの申請

2014 申請ガイドブック
申請にあたっては、以下のガイドブックを参考にしてください。

2014年度版 会津若松経営品質賞申請ガイドブック
申請企業募集チラシはこちらです。

審査について

1. 書類審査
申請組織の提出する「申請書」を会津若松経営品質賞委員会が指名した3人の審査員が個別に審査します。

2. 合議・現地審査
書類審査後、3名の審査員による合議審査を実施するとともに、書類審査で明らかにならなかった点等について現地審査を実施します。

3. 会津若松経営品質賞判定委員会
上記のとおり

4. 会津若松経営品質賞委員会
上記のとおり

5. フィードバックレポート
全ての申請組織は、審査員により詳細な「フィードバックレポート」が提供されるため、自社の「強み」や「改善に向けての提言」が明らかになり、今後の経営改善への指針を得ることができます。

審査スケジュール

平成26年度会津若松経営品質賞の審査スケジュールは次のとおりです。

(A)資格確認書の提出 平成26年8月1日~平成26年8月22日
(B)申請書の提出 平成26年8月11日~平成26年9月19日
(C)書類審査 平成26年10月6日~平成26年11月7日
(D)合議・現地審査 平成26年11月17日~平成27年1月9日のうち3日間
(E)会津若松経営品質賞委員会 平成27年2月上旬 (→フィードバックレポートの提供)
(F)フィードバックミーティング 平成27年3月下旬

表彰について

1. 審査基準
2014年度日本経営品質賞アセスメント基準書

2. 賞の種類
「大賞」、「奨励賞」

3. 受賞基準
大賞 (原則として、基準書の評点総括がBレベル以上を対象)
奨励賞(原則として、基準書の評点総括がCレベル以上を対象)