経営品質賞とは

経営品質とは何か

経営品質とは、顧客の視点から見た企業経営全体の品質であり、顧客満足を高めるための経営の仕組みを構築し、その全社的な展開を図ることによって、顧客や社会から支持され、ひいては強い企業競争力の実現を目指すという考え方です。

【経営品質に取り組むことによるメリット】
経営全般の領域をカバーしていますので、自社の経営レベルの強みと改善領域が明確になります。
全ての業務活動を相互に関連性と一貫性をもって見ますので経営トップの思いがどれだけ伝わっているか様々な視点から検証できます。
自らの事業活動を評価することで社内に継続的な改善の仕組みが出来ます。
常にお客様の視点で見直しを図るため競争力のある強い経営体質を作ることができます。

日本経営品質賞の概要

日本経営品質賞は、企業が国際的にも競争力のある経営構造へ質的転換を図るために、顧客の視点から経営全体を運営し、自己革新を通じて新しい価値を提供し続けることのできる企業を表彰する制度であり、平成7年12月(財)社会経済生産性本部が創設しました。
この賞は、表彰・受賞が目的ではなく、日本経営品質賞の「アセスメント基準」を理解し、自社の「強み」、「改善すべき領域」を明確にすることで、継続的改善を図ることにより、競争力のある経営体質に転換していくことを目指します。

【これまでの日本経営品質賞受賞企業】
http://www.jqaward.org/kako.html